黒を利かせたガレージと庭のリフォーム 

黒を利かせたガレージと庭のリフォーム 

 

高岡市 Y様 2017年

詳細

  

前庭の水はけと草むしりのメンテナンスを

無くしたいとのご要望からイメージチェンジしました。

    

リビング前は方形石貼りと同色の乱貼を貼り、その仕切りとして左庭まで黒ボーダーを延長してまして、左右のエントランスを

繋げる効果を与えています。その中央が玄関ポーチ前のアプローチで将来用の配線や

庭の高さを上げた為にアプローチを一段延長して高さを上げました。同じ色のタイルは無いのであえて、黒のタイル貼りにしました。その結果として左右の庭と繋がりました。

      

既存のガレージがあり、その横にカーポートを付けて欲しいと追加依頼がありましたが、単にカーポートだと取って付けた感があるので統一感がある様に、また、通路にもなるので見た目も良いものにして欲しいとのご要望でした。

色々考えましたが、シンプルにアルミカーポートを基本に屋根裏を化粧貼りする方向で考えてました。既存ガレージが鉄骨なのでその桁に乗せてボルト溶接かけました。前後の柱はサイディングに巻いて柱が立ってないかの様に見せかけてます。

カーポート屋根裏が通常だとむき出しなのですが、屋根裏がよく見える場所なのでここにアルポリック板の黒を貼りました。

その効果として、高級感が一層出ましたし、元々のガレージ裏のペフ材の剥がれも隠れて全てが綺麗になりました。

当施工に関するご質問・ご相談は「お問い合わせ」ページをご覧の上、お電話または専用フォームよりお気軽にお寄せ下さい。

お問い合わせ